2010年 02月 03日 ( 7 )


出張のお土産

へぐ☆巛は無事尼崎に帰還(笑)

みんなで尼崎駅に迎えにいって、21時くらいに自宅に戻ってきました。

お土産は・・・

ルーちゃん:宮城限定、伊達政宗になりすました??スティッチの携帯ストラップ(下の写真)

ミーちゃん:宮城限定、牛タンをかぶった?スティッチのシャーペン

あーちゃん:一応3人共通らしい、ポケモンの飛行機(空港限定らしい)

かったん:ビール酵母でできたカステラ(ビール好きのかったんに最適!!)

みんなで食べる用に、笹かまぼこに牛タン(真空パック)

えへっ、みんな大興奮。

実は、ルーちゃんのお土産は、ほとんど毎回といっていいほど携帯ストラップ。

ひょうっとして、天国につながる電話があったとしたら・・・これがおうちの電話だよ、とわかるようにいっぱいストラップをつけてあげたい・・・という思いがあるのかも・・・と思って聞いてみた。

するとへぐ☆巛は、「かわいいのがストラップしか見当たらなくて・・・」

き、聞くんじゃなかった(爆)私の勝手な思いだった・・・。というか、このまま思い違いしておきたかったわ(笑)

でも、かわいいものをいっつも考えてくれてたんだと思うと、うれしいな。

伊達政宗風スティッチのストラップ、ルーちゃん気に入ってくれたかな?

by かったん
[PR]

by rumina2004 | 2010-02-03 22:27 | 日記

ルーちゃんへのお土産

a0023641_20564075.jpg

宮城限定の伊達政宗の格好をしたスティッチのストラップ
[PR]

by rumina2004 | 2010-02-03 20:56 | 日記

帰宅が遅れている

へぐ☆巛が仙台の出張から本日帰宅。

が、飛行機が30分遅れ、19時15分伊丹空港着が、20時前に到着。一応、尼崎駅にお迎えにみんなで向かいます。

先ほど、宅急便のおじさんが、玄関のチャイムを鳴らしたのですが、あーちゃんは「とうとや。とうとや。」と言ってました(^^;)

今日は、節分なんやけど、豆まきできるかな???

久しぶりに会う(2日ぶりかな)お父さんにみんなどんな反応でしょう・・・。

ルーちゃんのお土産は何かな?楽しみやわ。

by かったん
[PR]

by rumina2004 | 2010-02-03 20:07 | 日記

クリアしたぞ!!

先々週から、トラブル続きの仕事がやっと今日完結!!
や~、長かった・・・。

データを見た瞬間、ガッツポーズ!!「よっしゃ~!」

困難を乗り越えたとき、すっごい快感だわ(^^V)

わたしって、ひょうっとして、ド・エ・ム・・・・・・・・。

やりがいを持って仕事ができる、て幸せですね。

明日からは、別の開発品の試験法検討が始まる。

いろいろとあると思いますが、またまたがんばります。

by かったん
[PR]

by rumina2004 | 2010-02-03 17:20 | 日記

育児短縮勤務

あーちゃんが、まだ小さいため、会社の制度を利用し、短縮勤務をしています。1歳半までは有給ですが、1歳半を超えると無給になります。つまり、短縮した部分のみ減額されるとうことです。最大2時間まで短縮勤務が可能。6時間勤務とういことかな?

私は1時間だけ短縮勤務させてもらっているが、とっても楽。以前までは就学前まで取得できたが、今年の4月から、小学1年生が終了する3月31日まで取得が可能となった。一応手続き済み。いつでも短縮勤務を終了することはできるけれども、いったん終了してしまうと再取得はできないため、最大限利用する手続きをしておいた方が無難か・・・と思って。

で、昨年7月より、育児短縮勤務者もフレックス勤務となり、出勤時間、退勤時間が自由になった。けれども、そんなに時間を動かすことはできないかな。生活上・・・。

便利になった分、仕事時間が増加する可能性もあるため、きちんと自分で管理していかないといけない。

それにしても、うちの会社は福利厚生がしっかりしていて、働く女性(育児中も含む)にはありがたいことだが、職場のみんなに迷惑をかけてしまうため、甘えてばかりではいけない。いろいろと協力してくれて支えてくれる仲間たちには感謝、感謝。いっつもありがとね。

by かったん
[PR]

by rumina2004 | 2010-02-03 07:59 | 日記

へぐ☆巛からの影響

へぐ☆巛と結婚して、影響されたこと。オタク化・・・(笑)

いやいや、医療裁判を行うにあたり、彼は問題点を抽出するためにネットを利用したりや医学書を購入したりして、熱心に勉強していました。必要な箇所は付箋をして・・・。(付箋は、私に読むように、いうところの箇所です^^)

はい。影響されました。というか、産科医学書関連をどのくらい購入したかは、本館の図書館を参照してくださいまし。

へぐ☆巛からは、症例にあてはまるところを、「ここ、読んでおいて」と宿題をたくさん渡され(笑)おかげで、私もよくジュンク堂に足を運びましたわ。

二人でよく勉強したと思うな。

そして、影響はもうひとつ。彼は本が好き。私は本を読む時間すら、なかなかないのだけれども、以前職場の人に「時間は自分でつくものですよ~、て理想ですけど」という言葉にも影響され、勤務先での朝のコーヒータイムに10分ほど読書タイムを設けることにした。まあ、面白いね。読書って。推理ものとかは読まないけど、種類は、仕事に関する本とか家事に関する本とか・・・。育児もかな?

昨年読んでよかった本はこれ「気が利く人の押さえどころ」柴田陽子著

仕事をしている人なら当たり前のようなことを記載されているかもしれないけれども、でも「あ~、なるほど。そうやんね。」と思える本でした。仕事への取り組みなど少し変わったかも。

朝の10分ですが、頭もすっきりするし、よい時間を過ごせていると思います。

by かったん
[PR]

by rumina2004 | 2010-02-03 06:24 | 日記

死産か新生児死亡か

死産か新生児死亡か・・・。
これは、私たちの裁判で、最後の最後で争われた争点です。
なぜ、これが争点となったのか、ずばり!!損害賠償額を減少させるための被告の策だったのです。

私の本人尋問が終了し退廷した後、被告から「和解の提案」があったそうです。私は退廷してしまって、法廷の外にいたので、そのことを聞いたのは、その日の裁判(本人尋問)が終了してからでした。すでに以前から、和解するつもりはない、と伝えていたので、しっかりとその提案を却下してくださった代理人さん。

それからです。次の一手にやってきたのが、新生児死亡ではなく、「死産」であったと被告が言ってきたのでした。それまで、さんざん、母親が悪いだの、ルーちゃんが悪いだの、散々言ってきておいて、ここまできてまた、ルーちゃんを冒涜するのか!!と怒り心頭でした。

小児科カルテには、きちんと数分間の心拍があったことが記載されており、しっかりと「出生」を証明されているにもかかわらず、最後の最後に「いや、それは小児科医の気遣いであり、本当は死産であった」と言ってきました。出生届けと死亡届けを同時に行わなければならなかった屈辱をここでまた、なぜこういう形で屈辱を味わわなければいけなかったのか。

ルーちゃんは、本当に出生と判断されるぎりぎりの時点で亡くなったことは確かです・・・。ただ、死産であれ、新生児死亡であれ、医療過誤により命が奪われたという事実があるとするならば、なぜ出生の仕方で賠償額に差があるのでしょうか。命はお金で表すことはできません。しかし、民事訴訟では「損害賠償請求」という形になってしまうので、仕方がないのです。

民法に「自然人」として認められる内容が記載されていますが、同じ大切な命に線を引かれることに私は納得いきません。

そこで、私たちの判例が有用に利用できるのではないでしょうか。残念ながら今の民法では、胎児は「人」として認められません。ですが、出生後1時間で亡くなったルーちゃんは、非常にその線に近いわけです。民法うんぬんではなく、私たちの判例を線にしてくれたら、医療過誤による死産と新生児死亡との差が埋まるのではないか・・・とそう思うのです。
貴乃花親方ではありませんが、「司法の見解に風穴を開けたい!」そう思う私です。

by かったん
[PR]

by rumina2004 | 2010-02-03 00:14 | 日記
line

へぐ☆巛、かったん、ルーちゃん、ミーちゃん、あーちゃんの5人家族です。たわいのない生活から陣痛促進剤問題を含めた医療問題も市民の観点から記載した日記です。


by rumina2004
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30