<   2005年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧


厚労省交渉

私達は、「陣痛促進剤による被害を考える会」の一員であり、また「薬害・医療被害をなくすための厚労省交渉実行委員会」の一員でもある。
1年に3回ほど、厚労省の官僚と医療問題について、話し合う場を設けていただいている。
1日の時間をかけて、大きくは、診療情報関係、医療ミス多発問題、医道審議会関係、陣痛促進剤問題、脳死、臓器移植問題の5つについて話合われる。

かったんは、勿論陣痛促進剤問題であるが、ここには陣痛促進剤問題だけではなく、助産師の資格を持たない看護師や準看護師が助産行為を行う問題(保助看法違反)などについて、話し合われるが、まあ、何とも言いがたい官僚の回答である。
「分娩監視」と「分娩監視装置」は、違うと言ったり(じゃあ、何のための分娩監視装置だい?)分娩監視装置の記録を看護師、準看護師が診んでもよい、と言ったりする。(診むというのは、診断するということだよ。分娩監視記録を見て、陣痛と胎児心拍の状態を診断するんだよ~。)国家資格をもたなくて、専門知識のない看護師、準看護師に分娩監視記録を診てもよい、という官僚の話には参った。あなたねえ。本気でそう思ってんの?それで、どれだけ医療過誤が起きてると思ってんのよ!!助産行為は、医師、助産師が行うことを定めている保助看法の解釈をなんでまがった解釈をしてるんだよ~。ほんとうにびっくりだわ。
今回は、いつも参加している方だけでななく、助産院を開業している有名な助産師さん、助産学校の学生さんも参加してくださった。助産師さん、助産師候補生の皆さんは、もうびっくりしていた。きちんと意見を言ってくださったことに大きな重みがあると感じている。

なんで、こういっつも疲れるんだろうね。交渉は。。。
移動距離よりも、話し合いで疲れるわ。でも、それでも我慢強く交渉を継続していかなくてはいけないんだろう。私は参加してまだ5年だが、15年以上ずっと交渉を続けてこられている事務局の皆さんは、すっごいなあ、といつも尊敬の念を抱く。相手の官僚に、激怒しながら話していることも多々あるが、その中でも、すっごくわかりやすくかつ真の通った意見をおっしゃる。
この交渉に参加して、いっつも「もっと勉強しないといかんなあ。」と思うかったんであった。

by かったん
[PR]

by rumina2004 | 2005-07-26 22:09 | 市民のための医療

ミーちゃん「ものもらい」

22日(金)は、「薬害・医療被害をなくすための厚労省交渉団」の一人として、厚労省交渉に参加しました。今までは、東京日帰りでの参加だったのですが、これからさき、宿泊できるチャンスはあまりないだろうということで、へぐ☆巛に頼みに頼み込んで、東京宿泊を許可してもらった。
(ありがとう。へぐ☆巛)
で、厚労省交渉の話は、また後日話すとして、まず最近のミーちゃんのお話。

ミーちゃんは、初めてのお父さんとルーちゃんとの夜に疲れたのかどうなのかは???なのだが、涙をためながら夜寝入ったらしい。だからかどうかは知らないが、土曜日帰宅したら、ミーちゃんの右目が赤い。蚊にでもかまれた(刺された)のか??と思っていたが、だんだんと腫れてきた。
まずい。ひょうっとしたら「めばちこ?(ものもらい)」やばいなあ。楽しみにしている保育園のプールに入られへんやん。休みにまた市民プールに行く予定だったのに、行かれへんやん。
痛そうなミーちゃん。。。

ということで、本日月曜日、眼科に連れて行ってから保育園に行くことになりました。午後は、川崎病後の定期検査です。今日は病院ばかりで大変だ~。

by かったん
[PR]

by rumina2004 | 2005-07-25 08:42 | 日記

「リピーター医師をなくす会」

先月、津裁判所四日市支部で行なわれたリピーター医師「S産婦人科」を相手取った損害賠償請求事件でのWさんの本人尋問の傍聴させていただいた。
そこで、いろいろな人と知り合いになったのだが、陣痛促進剤による被害を考える会から数名の傍聴参加と他の市民団体として、「リピーター医師をなくす会」の方々が傍聴されていた。

リピーター医師をなくす会」とは、文字通り、医療ミスを繰り返す医師を排除し、安心した医療を受けることができることを目標にされている団体です。
この会の設立は、ある小学校教諭 Iさんの奥さんが「S産婦人科」で、帝王切開分娩後に受けた麻酔でショック症状を起こし、約2年間の闘病の末、お亡くなりになられました。そのS産婦人科は、すでに4件の医療ミスを起こしていることがわかり、小学校教諭ということや人望から、教え子や教え子の親が主となり、つくられた団体であり、Iさんが代表となって活動されています。


全体の医療過誤、医療ミスでは、産科が多く占めています。それぞれ違ったものであれば、まだ「う~ん」と考えることもあるだろうけれども、それが悲しいことに、本当に同じようなミスを現在まで繰り返されているのが現状です。

私達被害者から、医療従事者は何も学ぼうとされないのでしょうか。こんなに同じような被害が続くのは、国にも大きな責任があると思います。
私達が知っている被害は、氷山の一角で泣き寝入りされているかたも多数おられるでしょう。
また、S産婦人科だけがリピーター医師ではなく、他の産婦人科また大病院もミスを繰り返しているということを知りました。
陣痛促進剤で被害を受けた私達は、「リピーター医師をなくす会」の方々と協力しあいながら、リピーター医師を排除し、安心してお産ができる環境をつくっていくことができるようにしたいなあ、と思っています。(ここには、無資格助産師問題もありますが・・・)

医療問題は、奥が深いです。。。

by かったん
[PR]

by rumina2004 | 2005-07-24 06:47 | 市民のための医療

裁判資料

医療過誤裁判が終結し、1年半以上経ってやっとすべての資料(準備書面、意見書など)を公開することができた。長かった・・・。
というか、裁判が終わってから、何かわからんけれども、裁判資料を見るのが恐くて、終わってからあまり裁判資料を見ていなかった。
先月、24日に四日市のリピーター医師であるS産婦人科の医療過誤裁判の原告本人尋問を傍聴させてもらい、その後、「リピーター医師をなくす会」のみなさんや「陣痛促進剤による被害を考える会」のメンバー、弁護士さん(私達の代理人でもあります)で慰労会がありました。先生方と話したり、他の方とお話したりして、「まだまだ頑張らないと~!!」と、勇気をいただきました。また、みなさん、いろいろとお話も聞いてくださり、癒された場でもありました。
そうやって、すっごく有意義な時間を過ごすことができたことで、「まだ、裁判資料を最後まで公開していない!!」ということに拍車がかかって、ここ1週間程度で、残りのすべての資料をスキャンしたりして、すべての資料を公開できたわけです。。。
皆さんからいただいた力がなければ、最後まで公開できたかどうかはわかりません。感謝です。


次回は、「リピーター医師をなくす会」の活動をご紹介をさせていただきます。

by かったん
[PR]

by rumina2004 | 2005-07-05 07:15 | 日記
line

へぐ☆巛、かったん、ルーちゃん、ミーちゃん、あーちゃんの5人家族です。たわいのない生活から陣痛促進剤問題を含めた医療問題も市民の観点から記載した日記です。


by rumina2004
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31