<   2004年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧


疲れた厚労省交渉

先日24日に「薬害・医療被害をなくすための厚生労働省交渉団」による厚労省との交渉に東京霞ヶ関まで出かけた。今回は、大阪の方で問題となった「無資格助産師」による診察・医療行為で被害に遭った方々と一緒に出かけた。新幹線の中ではいろいろな話に夢中。あっという間の2時間半ではあったが、今回は厚労省も真摯に私達の訴えをお聞きしていただけるものと思っていたが、まあ交渉団はヒートアップ。交渉が交渉になっていなかったのだ。
つまり、厚労省はこちらの要望に対する回答はできず、またその「無資格助産師」に関する自治体への対応の杜撰さを露呈し、問題の根深さを感じさせられた。

かったんは、助産行為は絶対に助産師が行うべきだと考えている。それはまた後日語ることにしよう。
無資格助産師、つまり看護師や準看護師が助産行為を行っているということだが、これは、医師法、保助看法違反にあたり、違法行為である。違法行為を行っているにも関わらず、自治体は注意喚起に終わっている。それでいいのか。例えば、交通違反をすれば罰金が課せられる。下手すると免停だ。なのに、違法行為をしている医院には注意だけでよいのか。自治体はその医院を告発しなくてよいのか。
おそらく、問題意識の低さからこのようなことになってしまうのであろうが、そのことによって、赤ちゃんやお母さんの命が犠牲になっていることを知ってほしい。
今日もどこかで誰かが同じような被害者が出ているかもしれないと思うと気が気でない。

by かったん
[PR]

by rumina2004 | 2004-09-27 06:39 | 日記

最近の悩み・・・

かったんは最近う~んと悩むことがある。それは、最近ミーちゃんが寝る時間が遅いことだ。2歳児さんなのに、22時を過ぎないと寝てくれない。希望は21時半までに寝て欲しいんだけど。。。何もできないし、自分の時間がないのがネックなのよね~。一緒に寝ないかんし。早く寝てくれたら、少しの時間だけ一緒に寝て、寝たかなあ、と思ったら起きてしばらく自分の時間を持つことができるけど、今はたいがい寝てまうがな。
へぐ☆巛の帰宅は遅いし、ミーちゃんはお父さんの帰りを待とうとするし、悪循環ですな。
ミーちゃんを早く寝させることが今後の課題ですな。さてさて、どのようにするべきかの~。

by かったん
[PR]

by rumina2004 | 2004-09-12 07:22 | 日記

将来はアイドル???

先日、ミーちゃんにキティちゃんのマイクを買ってあげた。当のミーちゃんは大喜び。
早速、ミーちゃんから「あなたのお名前は?」と聞かれた。わざと違う名前を言うと「違う~」と言う。(本当の名前は理解できないから、名前は、「かあちゃん」と思っている。)

で、この前、ミーちゃんを見ていると、何やら歌を歌っているようだ。で、じっと見ているとこちらに手を振っているではないか。(^^;)
そして、歌い終わるとマイクを持った両手を前にし、きちんとお辞儀。
おいおい。お前はアイドルか~~~~。

おもしろいなあ。子供のやることは。今度は何をやってくれるのか、楽しみにしているのであった。

by  かったん
[PR]

by rumina2004 | 2004-09-07 06:29 | 日記

地震・・・

いやあ、昨夜久しぶりに地震があった。昨日は保育園のお友達の家に5家族がそろって、バーベキューをやっていた。途中雨が降ってきたので、切り上げたのだが、焼いたものがまだたくさんあったから、父親以外はみんな家で食べていた。父親連中?は、外でビール飲みながら何かしらゆっくりとしていたかったらしい。
ちなみに、母親連中?も家の中で、子供を放ったらかしにしておいて、話に夢中。
そのときに、「何か揺れてない??」という、一人の母親の言葉で、皆「んん???」と、言って、「来てる、来てる~!!」と、震度3の地震だった。
揺れは、結構長かった。船に乗ってるような感じ。また、夜中、12時くらいにも、地震。こちらの方が揺れが激しかった。でもね~。隣でミーちゃんはぐっすり就寝中。こういうとき、全然起きないのに、まったく何もないときには、「パイパ~イ。」と言って、まだまだおっぱい大好き人間で、朝までゆっくりと眠ったことがない。
へぐ☆巛は、ビールを飲みすぎて、グロッキーだったものの地震のときは、「地震だ!!」と言って、TVの報道をしっかりと見ていた。

ということで、そんなには大きい地震ではなかったものの、阪神淡路大震災を思い出させるような恐怖が蘇った地震だった。

by かったん
[PR]

by rumina2004 | 2004-09-06 07:06 | 日記

年を感じる今日この頃・・・

私も3☆才になり、最近は体の疲れがとれず、年を感じるようになってしまった。。。
ストレス解消でやっているソフトも最近は練習にも参加できず、(保育園関連でよくでかけているので)ストレスたまりまくり!!

明日の日曜日は1ヵ月半ぶりに練習に参加できるので楽しみだわ~ん。もう、昔みたいには動けなくなったけど、それでも楽しい。
ミーちゃんも連れて行って、保育園とは違うお友達と遊ぶのもまた楽しいらしい。友達がたくさんできてうれしいみたい。

でも、明日の天気はあやしそう。。。

by かったん
[PR]

by rumina2004 | 2004-09-04 07:56 | 日記

最近のミーちゃん

めずらしく2日続きの日記。(笑)

今年は保育園の役員とかなんとかで忙しいなあ。でも、忙しさの中にも楽しさがあるからいいんだよねえ。
で、最近のミーちゃんですが、やっとこさ、おしめがとれかけてたのに、何故かまた逆戻りしてしまった。。。なんでやねん!!
この前なんかさあ。「おかあちゃん、おしめはくの~!!」て、言うから「なんで??」て、聞くと「うんちするの!!」て。。。なんでやねん!!おまるでせんかい!!!!!
「おまるでしなさい!」て、言うと「いやあ、おしめがいいの~!」と言って、いつもおしめのときにやっていた、リビングの外でドアののぶを握りながら、一生懸命踏ん張っていた。
「おかあちゃ~ん。うんちでた~」 いやあ、見事なうんちだった。(^^;)
なんでか、最近赤ちゃんの方に戻っているように感じるのは気のせいか???

3歳になるまで、特に今年の夏にはおしめから卒業したかったのに無理そうだ。。。
まあ、小学校行くまでにはずれればいいかあ。。。てなゆったりな気持ちを持ちたいもんだ。
子育ては難しいの~。。。

by  かったん
[PR]

by rumina2004 | 2004-09-02 21:41 | 日記

アテネオリンピックが終わって

かったんは、大のオリンピック好き。それは、自分もスポーツ人間だからだろう。その中でも、今回金メダルを期待されていたソフトボールに注目していた。
そりゃあ、かったんもソフトボールプレイヤーのはしくれさ。(一応、日本女子ソフトボール1部リーグを経験しているのだ)
宇津木監督をはじめ、ベテランと呼ばれていた3人の選手とは試合で戦ったことがある。「よく、今までプレーできてるよ~。」と感心してしまう。

ところで、今回の試合ですが、まあ、最初から打撃不振でしたなあ。というか、メンバーを見て「え???こつぶちゃんが多い(体が小さい人が多い)なあ。」と感じた。アトランタオリンピックから、ソフトボールは正式種目に加わったのだが、アトランタでも、日本の選手の非力さが目立ち、外国選手の足元にも及ばなかった。それでも、守備は世界でもナンバー1ではないかと言われていて、4位の成績を残すことができた。また、問題になった任さん(現宇津木麗華さん)の帰化問題で、中国から出場許可がでなかったくやしさから、気持ちが一つになっていたと思う。
シドニーオリンピックでは、任さんも出場することができ、万感の思いであったと思う。アトランタでの非力打線から一転、小技もあり、長打もある実によい打線ができていた。たしか、ホームランも多かったと思う。アメリカにも勝って予選トップ通過。最終的には、アメリカには決勝トーナメントで負けて銀メダルに終わったが、とてもよいチーム、勢いが感じたチームであった。
さて、アテネのチームではどうか。シドニーほどの勢いを感じない。なぜか皆顔がこわばっているようにみえた。マスコミにも、「悲願の金メダル」宇津木監督も「金メダルしかない」といわれていて、中心である選手達は、非常にプレッシャーであったのではないか。
「打倒アメリカ」と言っていたことに、かったんは非常に違和感を感じていた。日本はそんなに外国チームに強かったのか。カナダカップで優勝したからアメリカ以外のチームは日本より弱いのか。他のチームは眼中にないように感じていて、足元をすくわれるのではないかと気が気でなかった。

かったんの心配通り、日本の攻撃はちぐはぐ。皆プレッシャーとの戦いで疲れているように見えた。1点をとるための小技打線は大不振。ボールにあたらない。前に飛ばない。これじゃあ、足も生かせないよ。ランナーを送らなきゃいけないときも、バンドではなくバスターをしていて、結局進塁できないプレーを見ていて、「どうした日本。点の取り方を忘れたのか!!」とTVを前に叫んでいたよ。
今回は、本当に投手陣がしっかりしていて、世界最速、ナンバー1ピッチャーの上野がいたのに本当にもったいない。
外野の距離が6m伸びたとは言っても、そこまで守備を重視する必要があったのかしら。
アトランタでの反省はどうだったのか。それをいかしたシドニーではどうだったのか。2大会の反省を今回生かせていなかったと感じ、非常に残念だった。
それでも、最後まで打線が立ち直らず、苦しい試合が続き予選敗退の危機を脱し、銅メダルを獲得できたことは、すばらしいことだと思う。全部の試合が終わった後、TVに向かって「メダルとれてよかったなあ」と、つぶやいていた。

今回、なによりも日本は受身になっていたように感じた。違うのではないか。日本チームはいつでも「挑戦者」だったのではないか。いつのまにか「挑戦者」から「受け手」にまわっていなかったか?北京オリンピックの出場権獲得に向けて、「挑戦者である」気持ちを忘れず、更なる向上を願っています。

お疲れ様でした。

by かったん
[PR]

by rumina2004 | 2004-09-01 06:59 | 日記
line

へぐ☆巛、かったん、ルーちゃん、ミーちゃん、あーちゃんの5人家族です。たわいのない生活から陣痛促進剤問題を含めた医療問題も市民の観点から記載した日記です。


by rumina2004
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30