カテゴリ:市民のための医療( 28 )


薬害・医療被害をなくすための厚労省交渉

昨日、厚生労働省を相手に、年に3回行われる「薬害・医療被害をなくすための厚労省交渉」が厚生労働省の共用第4会議室で行われた。
かったんは、ミーちゃんの川崎病の看病で会社を5日間休み、また、28日(月)もミーちゃんの検査のため休暇をいただいているので、また休暇をとるのもしのびないなあ、というのと、ミーちゃんが退院してまだ2週間経ったところで、何が起こるかわからないということで、今回の交渉は不参加にしようと思っていた。
しかし、ミーちゃんも落ち着いているし、やはり参加して被害者の立場から発言したい、と思って、悩んだあげく、参加することにした。

ミーちゃんは、かったんの母親にお願いして、いざ東京へ!!日帰りはしんどいし、皆ともっと話をして、意見交換などなどたくさんしたいので、本当は宿泊したいところだが、へぐ☆巛が許してくれなくて。。。というのも、ミーちゃんは、まだまだおっぱいっ子で、かったんが帰ってくるのを寝ないで待つ子だから、どうしても帰ってきて!!というので、宿泊はできない(;;)。

で、官僚相手に意見するのは、本当に疲れる。今回ぶちぎれたことの一つについて書いてみよう。
『「分娩監視」は看護師や準看護師でも行ってもよい』とふざけたことを言っていることだ!!

続きを読む
[PR]

by rumina2004 | 2005-03-26 21:41 | 市民のための医療

[医療]カルテ改ざんを問うシンポの報告

以前、予定を紹介したカルテ改ざんを問うシンポの報告記事を見つけた。当日は
ミーちゃんが川崎病で入院、へぐ☆巛は蜂巣炎で右足を腫らして、自宅療養中で
行きたくてもいけなかったので、内容が分かってありがたい。

個人情報保護法:カルテ改ざん厳罰求めシンポ 大阪
 4月の個人情報保護法全面施行を前に、医療情報の開示とカルテ改ざんなどの問題をテーマにしたシンポジウムが12日、大阪市内で開かれ、医療訴訟の原告らが記録の改ざんや隠ぺいが疑われた事例を報告し、刑事罰の創設や行政処分の厳正化を求めた。

 市民団体「医療情報の公開・開示を求める市民の会」の主催。個人情報保護法は、カルテなどの原則開示を医療機関に義務付けている。だが、シンポでは「主な治療を記したカルテを病院が『見当たらない』と主張し、裁判でミスを立証できなかった」「正反対の内容の臨床試験記録が2通あった」など、肝心の医療記録に問題がある事例が報告された。

 金沢大医学部付属病院の記録改ざんを裁判で内部告発した打出喜義医師は「強い立場の医師がうそをつくのは倫理にもとる。厳罰化が必要」と訴えた。(Mainichi Shimbun)
 2005年3月14日

カルテの記載、保存は医師法に定められた義務なのに、

続きを読む
[PR]

by rumina2004 | 2005-03-17 22:37 | 市民のための医療

[医療]富士見産婦人科元院長、行政訴訟を提訴

厚労省が決定した医師免許取り消しを決定した富士見産婦人科
元院長が、決定の取り消しを求める行政訴訟を起こした。
<旧富士見産婦人科>元院長、医師免許取り消しを不服と提訴 
80年に発覚した旧富士見産婦人科病院(埼玉県所沢市、閉院)事件で、医師免許取り消し処分が決まった当時の院長、北野千賀子医師(78)=同市内で別の医院を開業=が11日、厚生労働相を相手取り、処分取り消しを求める訴訟を東京地裁に起こした。併せて、処分の執行停止も申し立てた。
今回は、悪質な医療行為を理由にした処分、刑事事件ではなく民事での患者の損害賠償事件を根拠に行った処分としてでも初めてのことで、行政処分は予想されていたことだ。

 しかし、最も悪質な医療犯罪を犯した元院長を野放しにして、他の
医師を処分できなかった訳で、行政訴訟でも絶対に負けるはずがな
い。是非これを突破口に悪質な医療ミスを犯した医師の処分を進めて
欲しい。

関連記事
北野元院長が不当と提訴 富士見産婦人科病院事件(共同)
富士見産婦人科元院長、処分取り消し求め厚労省提訴(gooニュース、朝日)

  By へぐ☆巛
[PR]

by rumina2004 | 2005-03-12 23:19 | 市民のための医療

[医療]信頼できる産婦人科、小児科

へぐ☆巛&かったんはルーちゃんを医療過誤で亡くしてから、医療不信が昂じて
いる。しかし、一方でミーちゃんの2度の川崎病も含めて病院には他の家族より縁
が深かも知れない。その中で、かったんとミーちゃんは同じ病院を掛かりつけの
病院にしている。

この病院はNICUがあり、小児救急では体制が整っているほうだと思えるのだが、
必ずしもそのことで評価しているのではない。それよりは、患者本人と家族にちゃ
んと向き合って話をしてくれると思える医師に出会えたということが大きい。実際、
気になることも陣痛促進剤を多用すること、母乳育児を推奨するといいながら、
特定の粉ミルクメーカーの製品を自院の妊婦に配り、助産婦が新生児室にいる
赤ちゃんを泣きやませるために散々泣かせたうえに無造作に砂糖水を与えるとか
多々あるのだ。

ということで、主治医やスタッフとも常に緊張感を持って、起こる可能性のある
ミスも患者本人、家族も発見できるくらいにしてやっと安心できるかなというところ
なのだ。これがそのほかの小児科、皮膚科とかのお医者さんになると、もう最初
から合わない。(特に予防接種やステロイドの使い方で)

そんなときに文系のへぐ☆巛がやはり重宝するのがインターネットでの情報収
集である。もちろん玉石混交の情報を正しく判断しないといけない責任がある訳
だが、それはもちろん覚悟している。で、自分もブログを始めたので産婦人科、
小児科に関するブログを探していると、川崎病をキーワードにしたら参考になる
ブログを同じエキサイトブログで発見した。

こどものおいしゃさん日記 おおきくなりたいね
直接川崎病に触れてあったのはブログ前の日記であったが、NICUに勤務され
て いる小児科医のyamakawさんが運営されている。京都はへぐ☆巛が5年
間住んでいた町(鴨川の東側だけ)なので親近感もあって、ここで紹介させても
らうことにする。

これからもいろいろと近くで信頼できるお医者さんを見つけていきたいと思う。

   By へぐ☆巛
[PR]

by rumina2004 | 2005-03-07 23:01 | 市民のための医療

[医療]富士見産婦人科事件、元院長の医師免許取り消し

これまで医療過誤被害者が繰り返し求めてきた、悪質な医療過誤を起こした医師、
刑事事件にはならなかったが民事訴訟で医療過誤が認められながら、何件も医療
過誤を繰り返す「リピーター医師」の処分に向けて、厚生労働省が初めて大きな
前進を示した。

へぐ☆巛&かったんも、富士見産婦人科事件での医師処分を求める 「被害者同盟」の
方からお話を伺い、署名にも協力していたので、大歓迎である。

■<富士見産婦人科事件>元院長の医師免許取り消し 厚労省
80年に発覚した旧富士見産婦人科病院(埼玉県所沢市、閉院)の乱診乱療事件で、厚生労働省は2日、当時の院長、北野千賀子医師(78)=所沢市内で別の医院を開業=を医師免許取り消しとし、勤務医3人を2年~6カ月の業務停止とする行政処分を決めた。民事判決の認定に基づき処分が行われるのは初めて。厚労相の諮問機関「医道審議会」が同日に答申したのを受けた措置で、16日から発効する。事件発覚から25年を経て、被害者が求め続けた行政処分が行われる。
 医療事故の大半は民事訴訟で扱われており、ミスを繰り返す「リピーター」ら問題医師への対応や医療事故防止策が前進することは確実だ。

関連記事
処分まで25年「長かった」 被害者「今でも許せない」
関連サイト
富士見産婦人科病院被害者同盟公式サイト
[PR]

by rumina2004 | 2005-03-03 18:30 | 市民のための医療

[医療]カルテ改ざんを問うシンポジウム

ルーちゃんからのメッセージの本館にも掲示しているが、医療情報の公開・開示を求める市民の会が主催で、へぐ☆巛&かったんがメンバーである陣痛促進剤による被害を考える会も共催に入って、下記のシンポジウムが行われる。医療事故被害者に重くのしかかるカルテ改ざんという現実を鋭く暴くシンポジウムになると思います。ぜひ一人でも多くの方に参加してもらいたいです。

●「個人情報保護法」全面施行の新たな時代に、不正のない医療の実現を目指すシンポジウム
 カルテ改ざん ~「密室の不正」との闘い方、防ぎ方~
主  催:医療情報の公開・開示を求める市民の会
共  催:陣痛促進剤による被害を考える会、医療過誤原告の会関西支部
日  時:2005年3月12日(土) 午後 13:30 ~ 16:45
場  所:エル大阪(大阪府立労働センター)南館5階会議室
(京阪電車または地下鉄谷町線「天満橋駅」下車、西へ徒歩約5分。tel06-6942-0001)


続きを読む
[PR]

by rumina2004 | 2005-02-26 21:41 | 市民のための医療

★違法行為や被害を繰り返す医師に行政処分を求める集会「産婦人科被害はもうゴメン」

今日、タイトルに記載している集会に参加した。へぐ☆巛は、司会を担当。かったんは子守役。いつもなら、かったんが集会に参加してへぐ☆巛が子守役なのだが、今回は「司会」という大役を担ったので、かったんが子守をおおせつかった。(笑)

ミーちゃんを連れて会場に入ると「とうちゃ~ん!!」と叫びそうなので、かったんは一度も会場に入ることなく、同じ被害者の方と受付を担当。(かったんはほとんど仕事をしなかった。Tさん、すんません。。。)
また、Tさんの子供さんたちがミーちゃんのお相手をしてくださったおかげでミーちゃんは大喜び。帰宅しても興奮状態で日記を書いている現在(21時)で寝る気配なし。どうしよう。。。

へぐ☆巛に内容を聞いていると今日は質問等はなかったようだ。かったんは思う。「まさか、助産師さんと思っていた人が実は看護師さんだったなんてそんなことがあるのか。」という現実の話を聞いて、話を聞くことでせいいっぱいだったのではないだろうか。質問を考える余裕はなかったのではないだろうか。もしも、かったんが会場にいたら質問というか意見を言っていたと思うが。。。

まずは、産婦人科医師不足の問題。医療が介入するお産が増えたことにより、医者が処置をしなければいけない出産が多くなっているのではないか。実は自然にお産を待つことができる出産であれば助産師さんにまかせ、異常出産になったときが医者の出番ではないか。ということは、圧倒的に助産師の数の方が少ないと思う。
今は、医療が介入するお産が主流?となってしまっているため、助産師の資格をもっていても医師の指示を得ないと行動できない助産師さんがいることも事実だ。
助産師さんの教育も大切な事項の一つであるとかったんは感じている。

また、「産科看護学院」なる助産師の資格をとれるような学校でもない変な学校がある。この学校を卒業したものは、助産行為ができると勘違いしているようでこの学校を卒業している「準看護師」「看護師」が助産行為をやっている。現在は助産行為をやっていないのかもしれないが、何のためにあるのかよくわからないこの学校をまず廃止すべきだろう。

またまた、「準看護師」と「看護師」の資格はあるが、やはり助産行為が多いといわれる「準看護師」という資格は将来無くすべきだろう。

この「助産師無資格者(準看護師、看護師)の助産行為は違法行為である」ことを全国にもっともっと知ってもらわないといけないのではないだろうか。

陣痛促進剤の問題しかり、この問題も大変大きな問題であると感じている。

by かったん
[PR]

by rumina2004 | 2004-11-21 21:37 | 市民のための医療

陣痛促進剤による被害を考える会 夏季セミナーに参加して(その2)

セミナーに参加して、初対面の方もたくさんいた。今回は、お子さんが脳性マヒで介護が必要である人が多かったように感じた。また、昨年、奥さんを出産事故で失われた記者の方もいらっしゃった。まだまだ多い陣痛促進剤の被害はどうにかならないものか、とまたまた考えさせられた。
また、HPを見ていただいているというお話もいただき、最近、滞りつつある更新(日記も含めて)をしっかりとやっていかないといけないと気合が入った。

夜は、参加してくださった弁護士さんを中心に私達の宿泊部屋で医療問題について話し合った。毎年、どなたかがカルテを持って、どこが問題があるのか話し合ったりするのだが、今年は少し違った。私は、裁判にはできる限り積極的参加をするほうがよい、と考えている方である。それはなぜかというと弁護士さんにまかせっきりにしてしまって、敗訴になったときに「もう少し、裁判に参加していれば・・・」と後悔しないためだが、裁判をされている方々の中でも、現実をまだかえりみることができない原告さんもいるからいろんな人がいていいのではないか、という弁護士さんからのお話をしてくださった。
いろいろな人がいるんだなあ、と思った。しかし、現実的には、裁判が近づくにつれて、当時のことを嫌でも思い出すし、裁判当日には誹謗中傷めいたことを被告からは言われるから、非常につらい経験を毎回繰り返していかなければならない。このことを考えると、事故当日のことをまだかえりみることができないとなると実際裁判を進めていくにはきついだろうなあ、と感じる。

本当に出産事故は(医療過誤すべてだが)、人生を変えられてしまう。80年くらいあっただろうルーちゃん達の人生すべてを奪われてしまい、私達肉親はそれでも前を向いて生きていかなければいけない。ルーちゃんから預かった大きな課題をクリアしていくために少しずつだけども頑張っていきたい。

by かったん
[PR]

by rumina2004 | 2004-08-13 20:59 | 市民のための医療
line

へぐ☆巛、かったん、ルーちゃん、ミーちゃん、あーちゃんの5人家族です。たわいのない生活から陣痛促進剤問題を含めた医療問題も市民の観点から記載した日記です。


by rumina2004
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30