小児科への通院

この時期、小児科へ足を運ぶことに二の足を踏んでしまう。というのは、風邪で病院へ行ったとしたら、別の風邪や病気をもらってきそうで・・・。

というか私は、ミーちゃんの川崎病以来、病院へのかかり方を考えて、これは病院へ行った方がよい、とか自宅で療養しておこうか・・・というわけ方をしている。

だから、ちょっとしたことでは病院へは行かない(^^;)

行っても何時間も待たないといけなければ、本人がしんどいと思うし。

例えば、発熱があってもそれだけでは病院へは行きません。元気であれば、水分補給に気をつけて様子を見ます。発熱がなくてもぐったりとしていれば、病院へ行きます。

そのタイミングをミーちゃんの川崎病(4度の疾患)で身につけたと思います。

何せ、小児科の先生は大変。これくらいだったら家で様子を見てもいいのに・・・。というのもあると思います。今は核家族が増え、おばあちゃんからの生活の知恵を教えてもらうことができていないですよね。私たちもそうですけれども・・・。

まあ、ルーちゃんのことがあってから、医療不信になり、でもミーちゃんの川崎病で担当してくださった先生や看護師さんのおかげで医療不振を払拭することもできた。

その中で、培ったことを今は二人に生かせていると思います。

by かったん
[PR]

by rumina2004 | 2010-02-06 13:49 | 日記
line

へぐ☆巛、かったん、ルーちゃん、ミーちゃん、あーちゃんの5人家族です。たわいのない生活から陣痛促進剤問題を含めた医療問題も市民の観点から記載した日記です。


by rumina2004
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31