卒園式

今日はミーちゃんの卒園式と成長を祝う会だった。生後5ヶ月からお世話になり6年間通いつづけた保育園。ミーちゃんたちは、この日のために毎日劇の練習を行ってきた。また、ミーちゃんたちは年長児で今年の主役でもあり、本人たちの得意なものをみせる場もあった。

前半は、成長を祝う会。ミーちゃんたちの劇は「孫悟空」。でも、内容は自分達で考えたものを先生がまとめてくれたものだった。やっぱり、年長は違うなあ。しっかりせりふもしゃべっていたし、みんな素敵だったわ。ちなみにミーちゃんの役は「さごじょう」。ナレーターもやったりいろいろとがんばっていた。
得意なものをみせる番になったときは、「あやとり」をやった。ハプニング!!ひもがからまっていたのだ~。でも、ミーちゃんはそのままやり続けてしまった(^^;)途中で泣くかと思ったが、担任の先生に目配せしながらも、一生懸命最後まで頑張った。最後は「マジック」として、紐をひっぱると、うまく指の間を紐がすり抜けるはずだったのだが、紐が絡まっていたので失敗で終わってしまった。ミーちゃんは最後大きな声で「失敗しました!!」と言い、保護者はみんな大笑い。ばかにした笑いとかではなく、「ほほえましい」という笑い。ハプニングにもめげず本当によく頑張ったと思いました。かったんは後で、「ハプニングで泣くかと思ったけど、最後までよく頑張った。結果がどうあれ、最後まで泣かずにできたことは本当にえらかったよ。」とほめた。だって、本当にがんばったんだもん。結果ばかりが象徴される今の時代。結果は失敗しても、そのやろうとする気持ち、途中でなげださず最後までやりぬこうとした姿勢は本当に大事だと思う。

後半は卒園式。七五三をかねて買った服を入学式にも着るのだが、その服のブラウスとスカートを着ました。皆さすがもうすぐ小学生!!立派だったよ。
6年間一緒に生活したお友だちが多く、たくさんの思い出をわかちあってきた。
あっという間の6年間、担任の先生は保育士になってミーちゃんたちを初めて担任し、4年間持ち上がりで受け持ってくれた先生。若いけど、しっかりしていてしかも子ども達だけでなく、保護者からも大人気。
ミーちゃんたちのクラスは、保護者達も仲がよく、子ども達も仲がよく、すごくまとまったクラスで、何か行事があるとすぐに動く保護者。こういうのもなんだが、先生も自慢のクラスであり、園児達だったのではないかなあ。

ミーちゃんはすでに小学校に向けて気持ちが前にむいているが、正直かったんはさびしい。6年間いろんなことがあって、それをわかちあってきた仲間や先生方と離れるのはさびしいなあ、と思う。でも~、交代であーちゃんが4月から入園するので、さびしさもまぎれるかな。
ミーちゃんは、あーちゃんが同じ保育園に行くからそんなにさびしい思いをしていないのかもしれない。

これからのあーちゃんの行事にはすべて出ようと思っているミーちゃん。とっても妹思い。
保育園を卒園して、小学生になってもそのやさしさを忘れないで大きくなっていってほしいと思います。

by かったん
[PR]

by rumina2004 | 2008-03-15 14:22 | 日記
line

へぐ☆巛、かったん、ルーちゃん、ミーちゃん、あーちゃんの5人家族です。たわいのない生活から陣痛促進剤問題を含めた医療問題も市民の観点から記載した日記です。


by rumina2004
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30