ルーちゃんの誕生日(命日)

今年は、例年と少し違って気持ち的に静かに過ごすことができた。
周囲にいろいろ言われることなく、私なりの時間を過ごせたと思う。

いやなことを思い出すのは仕方がないと思っているので、自然と涙が出てきてしまう。
でもそれをミーちゃんやへぐ☆巛が、静かに見守ってくれるので気分的にすごく落ち着いた日を過ごせたと思う。

もちろん、命日としてではなく、私たちは誕生日として今日の日をお祝いした。
ただ、お誕生日ケーキ(フルーツケーキ)を買ったけれども、店員さんに「「お誕生日の記入どうしましょう?」と言われたとき、なぜか「結構です」と言ってしまった。でも店員さんが「ろうそくはいかがいたしますか?」と言われたので、すかさず「6本お願いします」と答えた。

6本と言った途端、すっごく悲しくなって泣きそうになった。もうそんなに大きくなったんだなあ。というか、大きくなるはずだったんだと・・・。

これからも、ずっと年を数えていってしまうんだなあ、と思うし、自分も年をとるけれども、すこしずつルーちゃんがいる世界に近づいていることは、正直うれしく思ったりすることもある。

ルーちゃんがいる世界にいつか行ったとき、ルーちゃんに怒られないようにがんばらないといけないなあ、と思う今日この頃。
やはり、毎日を楽しく過ごさなければいけないんだと思う。ルーちゃんの分まで。泣いて過ごすのも笑って過ごすのも1日であれば笑って過ごさなければルーちゃんに怒られるわ(^^;)

この日、病院関係者は何人の方が、ルーちゃんの事故を思い出したのだろうか。被告医師はいやでも思い出すだろうけれども、関わった医師、助産師だけではなく、関係者皆さんが思い出して、是非教訓にしていただきたい。二度と同じ事故を起こさないように。

by かったん
[PR]

by rumina2004 | 2006-05-26 19:54 | 日記
line

へぐ☆巛、かったん、ルーちゃん、ミーちゃん、あーちゃんの5人家族です。たわいのない生活から陣痛促進剤問題を含めた医療問題も市民の観点から記載した日記です。


by rumina2004
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30