[日記]ぱんぱんの足には太い針!?

昨日は仕事復帰してすぐに残業して、起きていた時間が長かっ
たので、朝もむくみが引いていなかった。(安静にしている時は
朝起きたときはむくみがほとんど引いていたのだ。)

2日働いて、右足を診て貰うために午前中休みを取って病院へ。
まず、採血してもらって血液検査、その後診察に。

血液検査の結果は、炎症反応、白血球数、肝機能などほぼ正
常値に戻っていた。それで患部はまだ赤くて、ぷにぷにしてい
た。それを見て、「穴を開けたら中の液が出ると思うので、ちょっと
我慢して下さい。」というないなや、かなり太い注射針でぶしゅっと
穴を開けて、ぐいぐいを周りの皮膚を押さえると、透明のジェル状の
液体に血が混じったものがにじみ出てきて、それをふき取って
もらうと後は、粘り気のある血のような液体が出てきた。

これは膿のように濁った黄色ということではないが、やはり細菌と
リンパ球や白血球などの死骸だということで、出しておくと回復が
早くなるだとうとのことだった。

まだ足は赤く腫れているので、抗生剤の点滴と筋肉注射を受け、
内服薬を追加で出してもらって、午後からの仕事に向かった。

ちょっと抗生剤の量が増えて、耐性菌とかの問題や、点滴や
筋肉注射を両腕に何回も打ってもらっているので、皮膚の穴が
増えている。こんだけ穴があると、またそこから感染しないかと
か不安になったりする。

でも、確実によくなっているので、もうちょっと我慢することにし
よう。

    By へぐ☆巛
[PR]

by rumina2004 | 2005-03-16 23:00 | 日記
line

へぐ☆巛、かったん、ルーちゃん、ミーちゃん、あーちゃんの5人家族です。たわいのない生活から陣痛促進剤問題を含めた医療問題も市民の観点から記載した日記です。


by rumina2004
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31