[医療]信頼できる産婦人科、小児科

へぐ☆巛&かったんはルーちゃんを医療過誤で亡くしてから、医療不信が昂じて
いる。しかし、一方でミーちゃんの2度の川崎病も含めて病院には他の家族より縁
が深かも知れない。その中で、かったんとミーちゃんは同じ病院を掛かりつけの
病院にしている。

この病院はNICUがあり、小児救急では体制が整っているほうだと思えるのだが、
必ずしもそのことで評価しているのではない。それよりは、患者本人と家族にちゃ
んと向き合って話をしてくれると思える医師に出会えたということが大きい。実際、
気になることも陣痛促進剤を多用すること、母乳育児を推奨するといいながら、
特定の粉ミルクメーカーの製品を自院の妊婦に配り、助産婦が新生児室にいる
赤ちゃんを泣きやませるために散々泣かせたうえに無造作に砂糖水を与えるとか
多々あるのだ。

ということで、主治医やスタッフとも常に緊張感を持って、起こる可能性のある
ミスも患者本人、家族も発見できるくらいにしてやっと安心できるかなというところ
なのだ。これがそのほかの小児科、皮膚科とかのお医者さんになると、もう最初
から合わない。(特に予防接種やステロイドの使い方で)

そんなときに文系のへぐ☆巛がやはり重宝するのがインターネットでの情報収
集である。もちろん玉石混交の情報を正しく判断しないといけない責任がある訳
だが、それはもちろん覚悟している。で、自分もブログを始めたので産婦人科、
小児科に関するブログを探していると、川崎病をキーワードにしたら参考になる
ブログを同じエキサイトブログで発見した。

こどものおいしゃさん日記 おおきくなりたいね
直接川崎病に触れてあったのはブログ前の日記であったが、NICUに勤務され
て いる小児科医のyamakawさんが運営されている。京都はへぐ☆巛が5年
間住んでいた町(鴨川の東側だけ)なので親近感もあって、ここで紹介させても
らうことにする。

これからもいろいろと近くで信頼できるお医者さんを見つけていきたいと思う。

   By へぐ☆巛
[PR]

by rumina2004 | 2005-03-07 23:01 | 市民のための医療
line

へぐ☆巛、かったん、ルーちゃん、ミーちゃん、あーちゃんの5人家族です。たわいのない生活から陣痛促進剤問題を含めた医療問題も市民の観点から記載した日記です。


by rumina2004
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31