★違法行為や被害を繰り返す医師に行政処分を求める集会「産婦人科被害はもうゴメン」

今日、タイトルに記載している集会に参加した。へぐ☆巛は、司会を担当。かったんは子守役。いつもなら、かったんが集会に参加してへぐ☆巛が子守役なのだが、今回は「司会」という大役を担ったので、かったんが子守をおおせつかった。(笑)

ミーちゃんを連れて会場に入ると「とうちゃ~ん!!」と叫びそうなので、かったんは一度も会場に入ることなく、同じ被害者の方と受付を担当。(かったんはほとんど仕事をしなかった。Tさん、すんません。。。)
また、Tさんの子供さんたちがミーちゃんのお相手をしてくださったおかげでミーちゃんは大喜び。帰宅しても興奮状態で日記を書いている現在(21時)で寝る気配なし。どうしよう。。。

へぐ☆巛に内容を聞いていると今日は質問等はなかったようだ。かったんは思う。「まさか、助産師さんと思っていた人が実は看護師さんだったなんてそんなことがあるのか。」という現実の話を聞いて、話を聞くことでせいいっぱいだったのではないだろうか。質問を考える余裕はなかったのではないだろうか。もしも、かったんが会場にいたら質問というか意見を言っていたと思うが。。。

まずは、産婦人科医師不足の問題。医療が介入するお産が増えたことにより、医者が処置をしなければいけない出産が多くなっているのではないか。実は自然にお産を待つことができる出産であれば助産師さんにまかせ、異常出産になったときが医者の出番ではないか。ということは、圧倒的に助産師の数の方が少ないと思う。
今は、医療が介入するお産が主流?となってしまっているため、助産師の資格をもっていても医師の指示を得ないと行動できない助産師さんがいることも事実だ。
助産師さんの教育も大切な事項の一つであるとかったんは感じている。

また、「産科看護学院」なる助産師の資格をとれるような学校でもない変な学校がある。この学校を卒業したものは、助産行為ができると勘違いしているようでこの学校を卒業している「準看護師」「看護師」が助産行為をやっている。現在は助産行為をやっていないのかもしれないが、何のためにあるのかよくわからないこの学校をまず廃止すべきだろう。

またまた、「準看護師」と「看護師」の資格はあるが、やはり助産行為が多いといわれる「準看護師」という資格は将来無くすべきだろう。

この「助産師無資格者(準看護師、看護師)の助産行為は違法行為である」ことを全国にもっともっと知ってもらわないといけないのではないだろうか。

陣痛促進剤の問題しかり、この問題も大変大きな問題であると感じている。

by かったん
[PR]

by rumina2004 | 2004-11-21 21:37 | 市民のための医療
line

へぐ☆巛、かったん、ルーちゃん、ミーちゃん、あーちゃんの5人家族です。たわいのない生活から陣痛促進剤問題を含めた医療問題も市民の観点から記載した日記です。


by rumina2004
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30