たったひとつのたからもの

最近、船越英一郎と松田聖子が出演した「たったひとつのたからもの」という題の6歳2ヶ月で生涯を終えたダウン症児の2時間ドラマがあった。そのドラマの特別編として、昨日未公開シーンやその子供である秋雪くんのビデオ映像が流れ、ミーちゃんと一緒に見ていた。
ミーちゃんは、「あっ、これミーちゃん、見たやつやんな~。」とオープニングからそわそわ。秋雪くんを演じた3人のダウン症の子供達の生活や収録時のところを見ていると、成長はゆっくりだけれども、あまり他の子供と変わらない。ましてや、演じるということについて理解してやっていたことにはびっくりしたのと、感動したのと涙が出てとまらなかった。

秋雪くんが亡くなったところのドラマでは、ルーちゃんを重ねてみてしまい、涙が出るわ出るわでミーちゃんはそれを見て、自分のかばん(正式にはかったんのカバンで勝手に自分のものにしている・・・)に入っているティッシュを取り出し、涙を拭いてくれた。「かあちゃん、なんで泣いてるん?」彼女にとっては不思議なことだったようだ。

6年間で凝集した大人の愛を受けた秋雪くんは幸せだったんだよな。久しぶりに感動したドラマだった。

by かったん
[PR]

by rumina2004 | 2004-11-17 06:42 | 日記
line

へぐ☆巛、かったん、ルーちゃん、ミーちゃん、あーちゃんの5人家族です。たわいのない生活から陣痛促進剤問題を含めた医療問題も市民の観点から記載した日記です。


by rumina2004
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30