【Yahooニュース】タミフル、若い脳に入りやすい…サルで実験

タミフル、若い脳に入りやすい…サルで実験

インフルエンザ治療薬タミフルは、幼いサルの脳に取り込まれやすいことを、理化学研究所分子イメージング科学研究センター(神戸市)と東京大のチームが実験で明らかにした。

 ネズミでは同じ傾向がみられたが、人に近いサルでも確認されたことで、子供への投与のあり方を巡り議論を呼ぶ可能性もある。米放射線医学誌6月号で発表する。

 体内での薬の動きを観察できる陽電子放射断層撮影(PET)装置を使い、タミフルを投与したアカゲザルの脳内濃度を調べた。

 人間なら10歳未満の生後9か月のサルは、5~6歳(人間の成人相当)のサルと比べ、投与してから20秒後に平均2・5倍濃度が高まった。人間なら10歳代の2歳のサルも2倍濃度が高くなった。脳に取り込まれるスピードを解析すると、9か月~2歳のサルは大人の1・3倍速いこともわかった。
----------------------------------------------------------------------------
朝から濃い話(^^;)

この研究結果は、物議をかもしだすでしょうね・・・。

タミフル服用後の10代の異常行動や突然死について、タミフルの主成分が脳の神経に入ることを指摘されていましたが、厚労省交渉の研究班は、否定されていましたよね。タミフルと異常行動には因果関係はない。服用しなくても、インフルエンザウィルスでも異常行動がある・・・と。

この結果が、今後どのように活かさせていくのか・・・非常に興味があります。

あーちゃんがタミフルを処方されても服用しなかったのは、実は上記の記事のようなことを以前から指摘されていたからです(^^)

私も薬害被害者ですから、タミフルの薬害被害者の方々から学ばさせていただきました(^^)

もし、タミフルなどの抗インフルエンザ薬に関するシンポジウムや講演会があったら是非参加したい。

必ず、学びがあるからね。

さて、今週のお仕事も今日が終わり(^^)楽しく充実した1日にするぞ~。

by かったん
[PR]

by rumina2004 | 2011-05-27 06:58 | 市民のための医療
line

へぐ☆巛、かったん、ルーちゃん、ミーちゃん、あーちゃんの5人家族です。たわいのない生活から陣痛促進剤問題を含めた医療問題も市民の観点から記載した日記です。


by rumina2004
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30