明日はルーちゃんの誕生日

明日、11回目のお誕生日のルーちゃん。自宅で、皆でお祝いします(^^)

ただ~し、明日は仕事に関するセミナーに参加するので、あーちゃんは延長保育。

しっかりとお勉強せねば(^^;)

さて、先日の日記で、ミーちゃが生まれたときの気持ち・・・と記載しましたが・・・きっと無事に生まれて超うれしかったはず・・・と思われることでしょう。

全く違います。

ルーちゃんがいなくなって、8ヶ月。腕に抱く子供がいないことに耐えられなくなってきたとき、授かったのがミーちゃんで、不安で不安で情緒不安定。それに裁判中。胎教どころではない(;;)

帝王切開で無事に産声を聞けたときは、すっごくうれしくて涙があふれたけれども、それもつかの間。

すっごく落ち込みました。もともとルーちゃんときに通院していた病院での出産。

あ~、里帰り出産せず、あのままこの病院で生んでいれば、ルーちゃんは無事に生まれていた・・・。

ミーちゃんが生まれたことで、ルーちゃんの存在を消そうとしているのではないか・・・

本当はこうやって抱っこしてあげたかった・・・

などなど、うれしい気持ちはどこかに行ってしまい、自己嫌悪に陥って、ミーちゃんを受け入れることに時間がかかりました。

すべては結果論でのことですが、病院での対応の差で、この病院であったら・・・と思ったのはまぎれもない事実。10年以上前で、当時まだできたての産科で、若い助産師さんが数人だったので、仕方ないところもあるかもしれないけれども・・・。あまりにも力量の差がありすぎて・・・。すっごく悔しかった。
今はきっとベテラン助産師もたくさんいると思うので、その辺は改善されていると思う(思いたい)

少しずつ受け入れられるようになったのは、裁判中に支援してくださった方々のあたたかいはげましの言葉が大きかったかな。

普段の生活でいただく言葉ではなく、同じ被害に遭って気持ちを理解してくれている方々からいただく言葉には意味が違う。

どれだけたくさんの方々に支えていただいたか・・・当時のことを思い出すと、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

明日は、決して悲観的にならず、ルーちゃんの誕生日を笑顔でお祝いしたいと思います(^^)

by かったん
[PR]

by rumina2004 | 2011-05-25 21:53 | 日記
line

へぐ☆巛、かったん、ルーちゃん、ミーちゃん、あーちゃんの5人家族です。たわいのない生活から陣痛促進剤問題を含めた医療問題も市民の観点から記載した日記です。


by rumina2004
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31