最後のおやつ当番

今日、最後の学童のおやつをゲットしに行きました!

へぐ☆巛がお昼前には仕事に出かけるとのことでしたので、午前中お店が開くころに出発。

新年度最初の週のおやつ・・・。

実は、ここが考えどころ・・・。

新1年生が、新しい生活に不安な中、せめておやつで癒してもらえたら・・・と思っていても、なかなかこの時期、春休みで、休みが多かったり人数が不確定なので、どうしても日持ちのよいおやつになってしまう・・・。

ごめんね~、スナック菓子が多くて・・・日頃よく食べるであろうスナック菓子を避けたいけど何分人数が多すぎる。

今日、問屋さんに行って、配達を3日分お願いして、びっくりされました。

「え~、学童65人もいるんですか???」

えへっ、実は早めの準備で、、本当は60人でいいんだけれども、まだ増加しそう・・・という先生の言葉で、多めに準備をしておいたのです(^^)

ただ、東日本大震災のため、入荷ができないものもあるかも・・・ということでした。

確かにそうですよね・・・。その言葉を聞いたとき、おやつを選択できる環境にいることに感謝や・・・ほんまにそう思いました。

ここ、尼崎でもいろんな品物が入荷しにくい状況に陥りつつあるようです・・・。

そんな中で、ほんまに恐縮してしまいました。たくさん、購入してしまいすみません・・・。

別のお店では、顔だけはお互い存じ上げているお店の方で、こちらの事情もご存知なので、ニコニコ対応してくださって・・・ほんまにありがとうございます。

今日は3店くらいあちこちお店をまわりましたが、楽しかった~。おやつを選ぶとき、しんどいとかタスクとか・・・そんなこと1つも思ったことがなかった今年の1年でした。

慣れもあるし、子どもは自分の子どもだけでなく、学童の子どもたち皆同じように大切な気持ちを持っているからね~。

大人が、、学童の生活をいろいろと文句をいうと子ども達も不安になったり、その生活を嫌になったりしますよ~。

とにかく、前向きに楽しいことを思い出してあげられる、ワクワクするような声かけをしてあげてほしいな。

人は、自分のことは認めてほしい動物であるけれども、なかなか相手を認めることはできない動物でもある。

それは第一に自分を認めてもらいたいという気持ちが大きいから。自分を認めてくれたら相手も認められる・・・という感じかな。

本当は逆だよね。自分を認めてほしいなら、相手を認める・・・。

保護者は、どうしても自分の子どもしか目にいかないので、何にしても「個」としてしか見られていない。

私たちのように父母会役員でも同じだけれども、相手にとって、おやつ会計は「かったん」という「個」であっても、私達会計にとっては、60名(最後は約40名)という「集団」を相手にしている。

「個」であるか「集団」であるか・・・この違いは大きいわけで、先生方は「集団」の面倒を見ていることを忘れないでほしい。

そこには、たくさんの苦労があるので、その辺を認めつつ要望することを伝えてほしい。

熱く語ってしまいましたが、この3年間で、そういうことを学びました。

私にとっては非常によい経験をさせていただいて、学びが多い3年間でした。

先生方、保護者の皆様、いろいろと学ばせていただく期間をいただいてありがとうございました。

仕事に対する取り組み方にも変化がありました。

ほんまにいい経験をさせていただきました。ほんまにありがとう!!!

総会まで、後2週間強。そこまではしっかりと責任を果たし、バトンを渡します。

by かったん
[PR]

by rumina2004 | 2011-03-27 12:11 | 日記
line

へぐ☆巛、かったん、ルーちゃん、ミーちゃん、あーちゃんの5人家族です。たわいのない生活から陣痛促進剤問題を含めた医療問題も市民の観点から記載した日記です。


by rumina2004
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31