【朝日新聞】<生活> 悲しみ ずっと抱きしめて

最近、全然新聞に目を通していませんでしたが、今日は久々に目を通しました。

すると、「生活」のところで、気になる記事が・・・。「悲しみ ずっと抱きしめて」という記事に目がとまりました。

内容は、流産や死産で子供を失った方々の「妊娠=出産じゃない」という1月15日から5日間に渡って、連載された記事で得た反響を掲載されていました。

そこで、ほんまにそうなんよ~、と思うたくさんの内容のごく一部を紹介。

・悲しみは亡くした直後だけでは終わらない。20年以上前の心の痛み、亡くしたわが子への気持ちを切々と訴える投書が目だった。

・おっぱいが張ってつらかった思いが忘れられない。その子を抱っこさせてもらえず、今も「子供とさよならができていない」と言う。

・「流産死産」では戸籍に掲載されず、周囲の記憶の中で風化していくことが、長年にわたって悲しみを再来させる。ケアが必要なのは直後だけではない。

・生きている子供への複雑な感情を抱く。

・夫への配慮

等々

1月の記事を拝読できていなかったので、ネット検索していたら、今はWEB新書というのがあるのね・・・。210円だったので、早速購入して読みました・・・。

もう、そうそうほんまにそうなの・・・。という感じ。

そういう経験をしている人と未経験の人とに大きな溝がある。

私もそう実感している。

この記事内で紹介されていた「赤ちゃんの死へのまなざし」竹内正人著者を早速注文。

近々手元に届く予定です。

生きている子どもたちへの複雑な感情・・・ほんまにそうです。ここでは、自分の気持ちに正直になれるけど、普段の生活ではそうもいかないから・・・。

世間との溝を感じていたのは、私だけではなかったことを再確認できただけでも、今日は癒された1日でした。

by かったん
[PR]

by rumina2004 | 2011-02-19 21:38 | 日記
line

へぐ☆巛、かったん、ルーちゃん、ミーちゃん、あーちゃんの5人家族です。たわいのない生活から陣痛促進剤問題を含めた医療問題も市民の観点から記載した日記です。


by rumina2004
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30