やりたいこと

ミーちゃんは、自分がやってみたいことは、きちんと口に出して伝えてくれます。

それを本当にやりたいことかどうかの意思確認をして、OKを出します。比較的反対はしない方かな(^^)

でも、すぐに「いいよ~」とは言いません。きちんと考えさせることも必要。

「やってみたい」と思えることって大事だと思っています。その意思や考えをできるだけ尊重してあげたい。

じゃあ、私の「やりたいこと」ってなんやろう・・・。

ほんまに実現させたいことって・・・。

私の出産事故では、分娩監視不十分により、異常の発見が遅れてしまいました。

そりゃあ、ピップエレキバンタイプの分娩監視装置開発を要望していって、それを実現させ、陣痛促進剤使用時の胎児心拍と母親の子宮収縮の連続監視、そして異常の早期発見につなげる、ということが1番やな。

これが、ルーちゃんから課せられた宿題の1つ。

ルーちゃんの出産事故から10年、少しずつやけど、改善されてはいっていると思う。

添付文書に記載されている陣痛促進剤使用時の分娩監視方法について、2003年12月には、「分娩監視装置を用いて」から「分娩監視装置を用いて」となった。以前は、トラウベなどの使用でもOkだったということ。しかし、近年どの病院、クリニックでも分娩監視装置は取り入れている、という現状から、ずっと訴え続けていた「分娩監視装置を用いた監視」ということに改訂された。

ただ、それが実用されているかどうか・・陣痛促進剤を使用した同じような事故が数十年、ずっと続いているのは、事故(過誤)からの反省を生かされていないということにつきない。

私(たち)が、ピップエレキバンタイプの分娩監視装置の開発を要望したいのは、連続監視をするために、まず現状用いられている装置では、妊婦さんがしんどい思いをしていまうこともあるから、コードレスタイプの開発が必要だということ。現在でも実際コードレスタイプもあるのですが、胎児心拍と子宮収縮を確認するセンサーをおなかに巻きつけるので、緩む可能性もあって、より正しい情報収集をできなくなる可能性もある。

で、ピップエレキバンタイプなら、そういうエラーもない、ということや、自由に動き回れるということで妊婦さんに苦渋を強いることはない、ということにつながる。

コードレスになると、遠隔管理も可能になりますが、遠隔管理だけでなく、実際、妊婦さんの近くでもモニターを置くなど、妊婦さん側にも情報が確認できるようなシステムの構築を要望していきたい。

私があの世に行くまでに、是非実現させたいものです。

by かったん
[PR]

by rumina2004 | 2011-02-12 19:04 | 市民のための医療
line

へぐ☆巛、かったん、ルーちゃん、ミーちゃん、あーちゃんの5人家族です。たわいのない生活から陣痛促進剤問題を含めた医療問題も市民の観点から記載した日記です。


by rumina2004
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31