うれしいこと。

あーちゃんが、先生の赤ちゃんにやさしくなでなでしていたり、壊れそうな感じでさわさわしていました。

私にとっては、赤ちゃんがいじめられてる(笑)しか見えなくて、「赤ちゃん、壊れるで~!!!」と言うと、その先生は、「あーちゃんは、ほんまにむっちゃやさしいんやで~。家族みんなに愛されているのがよくわかるよ~」と言ってくれていました。

うれしい!!!(><)もちろん、皆の愛情バシバシですもん。ミーちゃんなんか、あーちゃんだけにはやさしい(笑)

学童の先生には、「ミーちゃんはやさしい」と、これまたうれしいお言葉をいただいたことがあります。

もちろん、子供達には愛情を注いでいるつもり(笑)ですが、それだけじゃないと思います。

私はやはり・・・0歳児からお世話になっている保育園での生活のおかげやと思っています。

先生方の子供達それぞれの個性を尊重した保育の賜物・・・。親以外の大人に、存在を認めてもらえて、愛されて育ったからや・・・とほんまにそう思っています。

そう思うと、ルーちゃんはどんな子供に育ってくれていただろうか・・・そう想像することは多々あります。最初は悲しかったけれども、最近はこの妄想(^^;)が楽しくて(笑)

で、昨日ミーちゃんが「お母さん、ちょっとちょっと・・・」と手招きするから何事かと???

「これ、あーちゃんに作ってん!」と表彰状(お誕生日に関する)を学童でつくってくれていました(;;)

ミーちゃんは先生や友達にお手紙みたいなものを誕生日にいただいているので、それを作ろうとしたのだと思います。でっかい画用紙に作ってくれて・・・。母、とってもうれしいです。

あーちゃんの誕生日は、明日。明日はへぐ☆巛が仕事なので、今日は食事に行きます。そして、明日はケーキでお祝いします。

ミーちゃんの愛情こもった作品は、明日アップしようかな(^^)

今のところ(笑)素直に育ってくれているミーちゃん、自由奔放に元気に育ってくれているあーちゃん、先生方のご協力あってのこと。

ほんまに感謝しています。ありがとう!!!

by かったん
[PR]

by rumina2004 | 2011-01-15 14:21 | 日記
line

へぐ☆巛、かったん、ルーちゃん、ミーちゃん、あーちゃんの5人家族です。たわいのない生活から陣痛促進剤問題を含めた医療問題も市民の観点から記載した日記です。


by rumina2004
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30