忘れていた感謝の気持ち

ここ数ヶ月、すっかりと「感謝の気持ち」いうやつを忘れていました。

昨日、という日は、ほんまに特別な日やったんちゃうか・・・というくらい、ここんとこ忘れていた「感謝の気持ち」を思い出させてもらった日でした。

まず、先ほど書いたブログの内容でもそうやけど、勤務先の先輩と話していて、その方は、あーちゃんが通園している保育園を卒園(まだ0歳児保育しかしていなかった遠い昔の保育園を経験されている方です)している子供さんをお持ちで、同じ保育園にうちの子が通園しているとは知らず、話をしていて、たまたま保育園の話になり、「うちの子もそこを卒園してるのよ~。0歳児だけやったときやけどね。ほんまに子供中心で、その子のことを尊重してくれるほんまにええ保育園やったわ」とおっしゃっていました。そして、うちの娘達は0歳児からお世話になり、就学前までミーちゃんからあーちゃんまで12年間お世話になることを話していると、目を丸くして、「わ~、ほんまに素敵やわ~。うらやましい!!!すっごく素直な子供に育つやろうね~。」とおっしゃってくれました。

当時の父兄の方々のパワーたるもの、すっごいものがあったことはいろんな方からお話を聞いていてもわかります。私はどうなのか・・・ただ、預けているだけに済んでいないか、もっと考えることがあるのではないか・・・と考えてしまいました。

その方と話していて、思い出させてくれました。「感謝の気持ち」

私たちは、当時の父兄の方々が道筋をつくってくれたレールにのっかっています。それで、就学前まで預けられることができているこの環境。

この生活が、ここんところ、当たり前のように過ごしてきていました。



で、ミーちゃんの保育園時代を思い出しました。

ルーちゃんのことがあってから、人間不信、医療不信で精神的にも不安定な中、ミーちゃんを預かってくださいました。

小さな物音で泣いておきてしまう繊細なミーちゃんを面倒見てくれて(これは先生の間でも語り草になるくらい、ミーちゃんは大変な子供でした。きっと母の精神的不安定さがそうさせていたのでしょう)
乳児クラスでは、よく病気にもなったけど、先生方に「2歳まで我慢しいや。2歳過ぎたら熱もあまり出なくなるし、病気もせえへんなるで~。今病気をいっぱいもらってるけど、ほんまに強くなるから」と励ましてもらった。

そして、生後9ヶ月で川崎病発病、2ヵ月後川崎病の再発。と、2歳、4歳と川崎病を再々発。

ミーちゃんは幸いにも後遺症がなく、定期検診で済んでいるけれども、とても不安であることを先生方は相談にのってくれました。そういう環境にいられることが、本当は普通ではないんですよね。ある意味整ったよい環境にいることができた・・・。私の話に耳を傾けてくれる先生方であった・・・。

普段、この環境が普通だと思っていると、段々、欲も出てきて、そして不平不満が出てくる・・・。それは仕事でも言えることやけれども。確かに夏くらいは、不満がたまっていたことがありました・・・。

でも、大事なことを忘れていた・・・。そういことを、昨日思い出させてくれました。

きっと、ルーちゃんが「お母さん、大事なこと忘れているよ!」と、ちょっと手助けしてくれたんだと思う。

今の環境にいられることに感謝を忘れたらあかんな・・・。

今、お世話になっている先生方にも、常に笑顔で「ありがとう!」をきちんと伝えなあかんな(;;)と、大事なことを思い出させてくれた貴重な会話でした。

ルーちゃん、ほんまにありがとうねぇ。

by かったん
[PR]

by rumina2004 | 2011-01-08 18:17 | 日記
line

へぐ☆巛、かったん、ルーちゃん、ミーちゃん、あーちゃんの5人家族です。たわいのない生活から陣痛促進剤問題を含めた医療問題も市民の観点から記載した日記です。


by rumina2004
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31