学童のドッジボール大会

昨日、無事にブロック内予選のドッジボール大会は終了しました。

その中で・・・。私は、この2年間(1年生のときは都合で参加できなかった)、一度も、審判にクレームやヤジを言ったことはありませんでした。

その理由は、寒い中、ひとつのコートにずっと張り付いてくれて、5試合の審判を勤めてくれているからです。

それが・・・。昨日は、外野から、審判に対するヤジやクレームのオンパレード。

保護者が審判をやっているのであって、プロが審判しているのではない!

私は、今回担当だったのですが、あまりにもひどいヤジやクレームには辟易しました。

前もって、聞いてはいたけれども、あまりにも大人気ない。必死だったから仕方がない?

そんなこと言っていて、何でも許されるの?

そんなに文句あるなら、自分で審判すれば?

と、思いながら副審をしておりましたが、ミーちゃんも見ているので、我慢、我慢・・・。

毎年、そんな感じだけれども、大人げないなぁ、と去年も思って、審判やってくれている保護者への感謝への気持ちはいっぱいだったけれどもなぁ。

もっと、節度をもって、子供達を応援していただきたい!

大人なんやから。応援に必死やったからで済まされへんで。そんなんやったら、なんでも言い訳で済むやん!!

と、ブログを書く私も大人げないのかもしれませんが、あまりにもひどいので、書いてしまいました。

私の救い・・・。

当ホームの保護者や子供達、兄弟に、おやつにコロッケを購入しましたが、私が予約をとりにいったり、他のことで、準備に東奔西走していた姿を見ていたのか、ミーちゃんが皆にコロッケの配布に尽力してくれました。

本当に、心温まりました。ミーちゃんには、後でゆっくり色々と話をして、ありがとう!という言葉を言いました。

子供達は、大人の姿勢を見ています。大人気ない行動は、悔い改めていただきたい。

順位発表時、私は、他の学童の子供達への賛辞も忘れませんでした。

皆、怪我もなく、よく頑張ったよ!

決勝に残ったSホームとNホーム。おめでとう!

おもいきって楽しんできてね。保護者の方々、決して、審判や相手チームの子供達をののしるのではなく、真摯な応援をお願いしたい。

大人の行動を期待しています。

by かったん
[PR]

by rumina2004 | 2010-12-13 21:46 | 日記
line

へぐ☆巛、かったん、ルーちゃん、ミーちゃん、あーちゃんの5人家族です。たわいのない生活から陣痛促進剤問題を含めた医療問題も市民の観点から記載した日記です。


by rumina2004
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31