保育園の資料で思うこと・・・。

あーちゃんが通園する保育園は、先生方は子供達のために色々と創意工夫をこらし、保育を実践してくださっています。

そして、保育以外にも色々な会議があって、保護者とのコラボしているものもありますし、それ以外にもたくさん会議があって、本当「お疲れ様」という気持ちです。。。

保育園があるところは、子供が少なくなっているので運営も大変だと思います。

その中で、私も入っている委員会で、地域に向けて先生方が作成くださっている新聞があります。

手作りの「子育てしんぶん」とっても素敵なんですよ。

しかし・・・時々思うことがあります。

例えば、昨年なんかだと、水疱瘡など感染症に関する記事を掲載していたのですが、予防接種をすることや水疱瘡に感染するとこんな怖いことも・・・(例えば脳炎とか・・・)や感染すると周囲に感染させることへの責任などが掲載されていました・・・。

地域からも多少クレームがあったようです。医学的な内容は、医師が記載していたものを抜粋して掲載したものだったそうですが、掲載する以上、責任を持たなければいけません。「医師が書いていたことなので、ご了承ください。」では通じません。その考えに賛同しているからこそ、掲載しているはずですから。

また、集団生活していれば、いやでも感染症には感染するし、周囲に感染させたくて他から感染するものでもありません。

感染したら・・・何か、周囲にうつすやんか!!と攻められそうな内容はいかがなものでしょうか・・・。

水疱瘡とかおたふくとか・・・一般的な感染症は、小さいうちにかかっておくと、比較的軽症ですむし、小学校で感染すると、それまた大変です(><)

大人になってかかったらもっと大変。ちなみに私は、水疱瘡になっていません(;;)

しかも、予防接種をしたけど抗体値が高くなりません・・・。半分諦めかけ・・・。

いろんな病気に感染することを避けるのではなく、病気になってもたたかえる強い体をつくってあげたいですね。

だから、感染しても・・・前向きに考えられるような内容の記事であってほしいです(^^)

マイナス思考になるような記事は読むのも・・・ね(^^;)

どんな内容でも、前向きになれるような記事がいいですね。

by かったん
[PR]

by rumina2004 | 2010-05-30 09:11 | 日記
line

へぐ☆巛、かったん、ルーちゃん、ミーちゃん、あーちゃんの5人家族です。たわいのない生活から陣痛促進剤問題を含めた医療問題も市民の観点から記載した日記です。


by rumina2004
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30