ここんとこアクセス数が多いのは・・・。

ルーちゃんからのメッセージのHPにアクセスが多いのは、きっとこの事件のせいだろう。

不同意堕胎容疑 36歳医師を逮捕 交際女性、点滴で流産

一部抜粋
 交際していた妊娠中の女性に子宮収縮剤を点滴し流産させたとして、警視庁捜査1課と本所署は18日、東京慈恵会医科大学付属病院(東京都港区)腫瘍(しゅよう)血液内科助教の医師で金沢大学付属病院に出向している小林達之助容疑者(36)=金沢市もりの里=を不同意堕胎容疑で逮捕した。捜査1課によると「知らない」と容疑を否認しているという。小林容疑者が医師の立場を利用して子宮収縮剤を入手したとみて追及する。

 逮捕容疑は、09年1月上旬と中旬の2回、当時交際していた妊娠2カ月だった30代の女性看護師の自宅マンションで、体調不良を訴える女性に対し「良いビタミン剤がある」などとだまし、子宮収縮剤の錠剤を飲ませたり点滴をして流産させたとしている。捜査1課は、妻がいた小林容疑者が女性の妊娠を知り、無理やり流産させたとみて追及している。


ひどい事件です。現在は、胎児(妊娠二ヶ月なら胎児とは呼ばないと思いますが)は現在の民法では、人間とはみなされません。隠れた殺人ですよ。これは(><)

専門分野の医師ではないけれども、処方箋を書いていたとか。

きっとこの医師は、今後、医道審議会にかけられるでしょう。

こういうことをする医師は、稀でしょうけれども、全うに医療に従事されている医師には、大きな迷惑でしょう。

by かったん
[PR]

by rumina2004 | 2010-05-22 07:58 | 日記
line

へぐ☆巛、かったん、ルーちゃん、ミーちゃん、あーちゃんの5人家族です。たわいのない生活から陣痛促進剤問題を含めた医療問題も市民の観点から記載した日記です。


by rumina2004
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31