諦めない気持ち

ルーちゃんの裁判中のとき、公判が終わると、いつもマイナス思考が爆裂して、「やっぱり無理かも・・・。負けるかも・・・。」と、口にしていた私。

その度に、へぐ☆巛からは「大丈夫。負けるわけないやん。」(→ どんな根拠があってそう言ってるかわからんかったけど、私には元気のもとになりました)

途中から交代してくださった弁護士さんからは、「相手の言ってることはおかしいですから!!私が100%覆しますから!!大丈夫!!」と、法律のプロである弁護士さんのこの言葉に、どれだけ勇気をもらったか・・・。

弁護士さんの諦めない気持ちは、本当にすごくて、これでもか~!!というくらい(笑)、被告側の言い分を覆す文献を探し、準備書面にしてくれました。

最後の方に被告側が提出してきた促進剤裁判判決例は、一審では敗訴、控訴審で逆転完全勝訴した原告の判例で、判例タイムズには、なぜか一審敗訴の判例しか掲載しておらず、その判例を記載した書面を提出してきた。

私達は、幸いにもその裁判された方を存じていたので、すぐにその方の判例だとわかりました。

弁護士さんは、横展開もしっかりしてくださって、いろんな方が協力してくださいました。

そして、勝ち取った勝訴判決。

どれだけ心が折れかけたがわかりませんが、周囲を信頼して勝訴を信じ、諦めない気持ちを持つことは大切、と今更ながら痛感しています。

私達の場合は、少し特殊かもしれません・・・。自分達も医学文献を購入し勉強しましたもの。そして、弁護士さんにお任せ~、ではなく、自分達も参戦していましたから(笑)

「あきらめない気持ちを持つ」あーちゃんの名前をつけるときのひとつの理由になっています(^^)

by かったん
[PR]

by rumina2004 | 2010-05-18 06:50 | 日記
line

へぐ☆巛、かったん、ルーちゃん、ミーちゃん、あーちゃんの5人家族です。たわいのない生活から陣痛促進剤問題を含めた医療問題も市民の観点から記載した日記です。


by rumina2004
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31