昨日の出来事

昨日、ミーちゃんの家庭訪問が終わった後、ミーちゃんが学童から帰宅するのを待って、スイミングスクールへ!!

そこで、だんな様が私の勤務先の大先輩(すでに退職されています)で、保育園でも大先輩の方とお会いしました。

お孫さんを連れてきていて、時々会うのですけれども。

二人で、子供達が泳いでいるところを見ながら、ゆったりとお話していました。

すると、突然だったのですが、「主人から聞いていたんだけど、体壊したようなことあったんだって?」と・・・。

どう説明すればよいのか考えたのですが、素直に、ルーちゃんが出産事故に遭って亡くなったことを話しました。そして、陣痛促進剤に遭遇してしまったことも。

日頃は、出産事故の詳細をお話することはない(相談会など以外では)のですが、結構、詳しいことを話したかな。

悲しくなることよりも、ルーちゃんのことを話して、ルーちゃんのことを知ってくれた人が1人また増えた!!と思えました。

すっごく前向きな方で、ルーちゃんのことも受け入れてくれてすっごくうれしかったです。

3番目の娘さんが二人目を死産されたことも話してくれました。無事に生まれていたら2歳になっていたとのこと。そうです。あーちゃんと同級生だったのです。

娘さんは、死産された子供さんに名前をつけてあげたそうです。そうそう。当たり前です。戸籍なんて関係ないですもの。

それに、一人目で亡くしても、二人目、三人目で亡くしても、尊い命であることには変わりはないのです。

その方は、娘さんのおうちに行くときは、きちんと亡くなったお孫さんも分までお土産を持っていかれるそうです。

素敵なおばあちゃんです。世間一般?田舎では?亡くなった子供の年を数えるな、とか早く忘れなさい、とか言うけど、忘れられるわけはありません。年も数えます。当たり前じゃないですか。

自分の子供ですもの。昔の人は、こういう気持ちを押し殺して生活していたのですね。

今では、そんなん関係ないわい!!て声に出して反論できる世間になってきていますもの。

て、本当に前向きな考え方の持ち主で、いっつも素敵な笑顔を見せてくださるお方です。

あーいうおばあちゃんになれたらいいなぁ。

ルーちゃんのこと、聞いてくれてありがとうございました。

by かったん
[PR]

by rumina2004 | 2010-05-07 23:18 | 日記
line

へぐ☆巛、かったん、ルーちゃん、ミーちゃん、あーちゃんの5人家族です。たわいのない生活から陣痛促進剤問題を含めた医療問題も市民の観点から記載した日記です。


by rumina2004
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31