帰宅しました。

「再発防止へ原因分析を」 東京で産科医療補償制度シンポ

昨日、シンポジウムが無事終了し、先ほど帰宅しました。

やっぱり緊張しましたねぇ。総合司会は・・・。ある程度、どのように紹介するかやどのように話すのかは、考えていましたが、そうそううまく行くはずがありません(笑)

お一人のシンポジストが講演を終了した後、何を話したのかやその感想などを盛り込みながら次を紹介したのですが、書き留めたメモを見ながらでしたので、下を向いて話していることが多く・・・。非常に反省です。

でもまあ、無事に終わったので、よし!!としましょう。

話すと長いのですが・・・。7年ぶりかな?久しぶりに会った方もいて、受付をしてくださって・・・。そのときに、ミーちゃんのことを「次女のミーちゃんですよね?」と言ってくれて・・・。すっごくうれしかった!!普段は、ミーちゃんが長女のように思われている中での生活ですので、すっごくうれしくて・・・。その後の懇親会で、ルーちゃんの存在を認めてくれていることに感謝の話をしたり、裁判や現在のことなど二人で色々と話して、私は久しぶりに涙を流しました。
本当にうれしかったです。ルーちゃんのことを認めてくれる・・・これが何よりもうれしくて。

その方は、助産院と開業医で被害に遭い、残念ながら赤ちゃんは亡くなりました。
でも、私は死産であっても、生きて生まれて亡くなった赤ちゃんも、どちらも変わらず1人目だと思っています。だって、おなかの中で育ててきましたからね。一緒です。そういうのは気持ちなんですよね。戸籍ではなくて・・・。

昨日のシンポに携われた方は、皆ルーちゃんの存在を認めてくれている方々です。皆といろいろと話ができて本当に元気をもらってきました。ルーちゃんが母にもたらせてくれたんだと思います。本当に(^^)

シンポジウムで講演された内容は、いろんな視点から語られて私達が「そう、そうなんですよ~。そういう行動が必要なんです。そうしてほしいんです。」ということを、医療者の方々、原因分析委員会委員の大学教授(一般の方です)、弁護士さん等々が話してくれて、特に医療者の方々は、専門用語を使われることはほとんどなく、一般の方にわかりやすいように噛み砕いて講演してくださったので、理解しやすかったと思います。

まだ、始まったばかりのこの制度をどのように作り上げていくのか・・・皆でいろんな討論ができ、有意義な時間を過ごせたのではないかと思いました。

へぐ☆巛ですか???二人の面倒を見てくれていました。そして、最後の方ではミーちゃんは席に座って少しだけですが、話を聞いていたようです。そして、私が司会している姿を見ていたそうです。

びっくりしたのが、シンポが終わってすぐに、前によってきて、私は何も言わなかったのですが、片付けをやり始め、手伝ってくれました。

ミーちゃんは、母達を見て、何をどう感じたのかな。ルーちゃんが亡くなってもうすぐ10年経とうとしていますが、母の活動をどう思っているのだろうか。

母の活動だけではないですが、命の大切さを学んでほしい、とそう思っています。

皆様、お疲れ様でした!!産科医療補償制度がどのように成長していくのか見守っていきたいと思います。

今日はゆっくりと休みます(^^)

by かったん
[PR]

by rumina2004 | 2010-04-11 21:49 | 日記
line

へぐ☆巛、かったん、ルーちゃん、ミーちゃん、あーちゃんの5人家族です。たわいのない生活から陣痛促進剤問題を含めた医療問題も市民の観点から記載した日記です。


by rumina2004
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31