コードブルー(2シーズン)

見ましたよ~。見ました。リアルタイムでは見れなかったので。録画をへぐ☆巛と一緒に見ました。

脳死判定を受けて、同意書をとらず、挿管を抜き母親の胸でその子は亡くなった。この件に対して、母親の兄は、勝手に呼吸器をはずした、と言って「医療過誤だ」と騒ぐ。そして、病院側との話し合いも一方的で。

私たちの病院側の話し合いの場とどうしてもかぶってしまう。

へぐ☆巛と「私たちはあんなに感情的にならなかったよね。きちんと向き合おうとしていたのに向こうが、原因がわからない、で言いとうそういう姿勢がずっと見えていたんだよね~」と言っていた。

原因が悪ければ、すべて裁判になる、というストーリーは今回も続いたが、あの子供の母親は、兄ほどそういう思いはないのではないか・・・と感じました。来週、あの母親が動き出しそうです。
どうみても、緋山先生は一生懸命だったのわかるもの。私だったら、訴えないな。逆に「ありがとう」やな。
カルテの証拠保全が始まるみたい。おお~、まさに私たちと同じ。確かに証拠保全は、裁判が前提になるかもしれませんが、事実を知るための、また、冷静に話し合いをするための資料とも言えるし、どうせなら、病院側からカルテのコピーを渡してあげればよかったのにね。あんなに興奮しているんやから、む、無理か・・・。

いつからか、人はコミュニケーション力の低下してきた。そして、結果だけではなく、そのプロセスをも評価されなくなってきた。だから、「結果が悪ければ裁判」と言われるのかな。

後、藤川先生が、恋人を亡くしたナース冴島に「いつまでも過去にとらわれてはだめだ。生きているんだから、前を向いて歩いていかなきゃ!」と声をかけたシーンは、「ドキッ!!」とした。

私も過去にとらわれているのかな。なんて、考えたりして。でも、前を向いて歩けるようにはなってるしなぁ。何年も時間はかかったけど・・・。

ドラマとはいえ、実体験が重なるので、集中してみてしまうわ。来週も楽しみにしています。

by かったん
[PR]

by rumina2004 | 2010-02-23 07:02 | 日記
line

へぐ☆巛、かったん、ルーちゃん、ミーちゃん、あーちゃんの5人家族です。たわいのない生活から陣痛促進剤問題を含めた医療問題も市民の観点から記載した日記です。


by rumina2004
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30